スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタールのクープを考える ~その8~
20071103224718.jpg


少し見られるようになりました(^^;)

さすがリスドォル!香りが良いです(*^^*)香ばしい☆
でも、今回、鳴きはなし。

作っている途中は、やはりべたついて扱いにくい生地でした。
というのも教訓なく、粉300gに対して180ccの水分でこねたから。
学習能力ないです。私(--;)
でも、発酵は、全てうまくいったと思うので、生地自体のできは良かったのではないかと思ってます。

ちなみに蒸気注入の温水は50ccから40ccに!

ごらんの通り、クープも引きつりすぎて入っていないところもあります。

20071103224625.jpg


でも、なぜか、空くときにはあくんですね。

やはり、重視すべきは、クープより生地の出来具合なのか。。。

トップの画像には1本しかなく、クープ画像には2本。
あとの1本はというと、

20071103224655.jpg


やはり、爆発してます。でもこれは、仕上げ発酵が終わって、天板に移し変えるときにパンマットに引っ付いて無理やりはがした結果だから。

仕方ないかな?



そして、断面は、


20071103224749.jpg


大きな気泡はたくさんできたけど、何かが違うきがする(--;)なんだろう??

このパンは、昨日焼いたもの。
今、今日の分1次発酵中。まだまだ焼いてます。
そろそろ来てくださる方も飽きたかも(--;)
ドッカーンとすばらしい画像を載せたいものですけど、いつの日か?
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

最近、ここの記事に釘付けになっています(^^;
私もうまくいかないことが多いのでなんともいえませんが、生地の表面を適度に乾かすと、クープがうまくはいるんじゃないかと思うんです。
これが布どりする必然性のようにどこかに書いてありました。
あまりにもたくさん資料を読み漁ったので忘れましたけど。

中身の水分と、表面の乾燥ぎみになった生地とでうまく開くらしいんですが・・・私もうまくいかないので試行錯誤中ってところです。

リスドォルやっぱり風味がいいんですね。興味あるなぁ。
でも粉が変わると、条件も変わってしまいそうなので、私は当分タイプERでがんばります。

おたがいにがんばりましょっ!
>最近、ここの記事に釘付けになっています(^^;
釘付けにしちゃいます!(^^;)(爆)

>私もうまくいかないことが多いのでなんともいえませんが、生地の表面を適度に乾かすと、クープがうまくはいるんじゃないかと思うんです。

そうですよね。布どりで保湿せずに仕上げ発酵することになっているのは、そのためだと思うのですが、それでも仕上げ発酵後の記事はちょっぴりウェット(^^;)
粉をふろうか?はたまたバターでも忍ばせようか?って気になります。
それだけは決してしないつもりでいますけどね。

>中身の水分と、表面の乾燥ぎみになった生地

その辺が、フランスパンは難しいといわせる要因なのではないのかと。
これは、きっちりレシピを書いてあっても経験が頼りだったりするような気がします。

お互いにがんばりましょうね(^^)v
Cafe clock
プロフィール

kojiko

  • Author:kojiko
  • 熱しやすくさめやすい私ですが、お菓子作り、パン作りは、ずーっと続いています。そしてきっとこの先もずっと。。。
    愛知県在住です。
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「おやつの時間です。」
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。