スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また!!レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ(^^;q
20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ


また焼いてしまった。


たくさん配合しているわけではないけど、ライ麦の香りがして最高に好きだわ♪

ただ、クープ。
クープが開いてもメリッとはいかない。
前々回のカンパは、メリッとしてたのよね。

前々回のカンパと、前回や今回のカンパの違いは、ライ麦を配合しているか否か。
やはりライ麦が入るとふくらみが欠ける分、メリッとはいかないのだろうか?
それともだんだんと私の腕が悪くなっているのか?
ということで、また今度は、前々回のカンパに戻して(ライ麦配合せず)焼いてみたいと思います。

と、ここまで書いて不安に駆られる。カンパーニュってライ麦が入っているのが普通なのでしょうか?
だとしたら、「ライ麦入りカンパーニュ」ってヘンですよね(^^;)
それに前々回焼いたのはカンパーニュではないことになったりする?????(^^;)




今回は時系列で画像撮ったのでご紹介を!

これは、長時間冷蔵発酵終了後に出した状態です。
これからベンチ(30分)です。

20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ一次発酵完了

成型して、バヌトンへ。

20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ成型


これが仕上げ発酵後です。
少し大きくなっているでしょ。これで完了。

20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ仕上げ発酵済


十字にクープを入れました。
何度もギコギコ切ったのできれいに入りませんでしたけど(^^;)

20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュクープ

で、焼き上げ(250度に余熱、230度に落として蒸気注入して23分焼きました。


そして、これは↓前回のカンパを、チェダーチーズとパストラミポークでサンドイッチにしたもの。
娘の今日のお弁当です。
画像撮るの忘れてて、袋に入れてから気づく(^^;)
なので、袋にカメラを突っ込んで撮りました。


20090603レーズン酵母でライ麦入りカンパーニュ娘のお弁当カンパーニュサンド


覚書:
(配合)パリジェンヌ 180g ライ麦 20g 元種 80g はちみつ 10g 塩 3.5g 水分 120g前後で調整 
(焼成)250度で余熱20分 生地入れ→蒸気注入→230度に下げて23分
 
スポンサーサイト

テーマ : 自家製天然酵母
ジャンル : 趣味・実用

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
少なくともドイツやフランスでは、カンパーニュ(ドイツ語ではBauernbrot農民のパン)にはもっとたくさんライ麦が入っていて、もっともっと黒っぽいし、ふわっとしていません。噛み締める感じ。
でも、日本ではいわゆるドイツパンも日本人の好みに合わせてかなり柔らかい(日本在住のドイツ人がこぼしていました)ので、ふんわりカンパーニュがふつうなのかもしれませんね。ライ麦はパンの膨らみを阻止する傾向(とくに本物の全粒粉)があるので、どちらを取るかですよね。好みの問題。
solar08さん
> 少なくともドイツやフランスでは、カンパーニュ(ドイツ語ではBauernbrot農民のパン)にはもっとたくさんライ麦が入っていて、もっともっと黒っぽいし、ふわっとしていません。噛み締める感じ。

そうなのでしょうね。もっともっとライ麦の配合も増やすといいのかもしれないですね。
今、カンパのクープも少し考えているので、その辺がクリアになったら、配合増やしていくつもりです。
焼くパンは変わっても、やはりついてまわるクープ。
見た目だけなら気にしないのですけどね。その点、カンパのクープは少し気が楽ですけど(^^;)

> でも、日本ではいわゆるドイツパンも日本人の好みに合わせてかなり柔らかい(日本在住のドイツ人がこぼしていました)ので、ふんわりカンパーニュがふつうなのかもしれませんね。ライ麦はパンの膨らみを阻止する傾向(とくに本物の全粒粉)があるので、どちらを取るかですよね。好みの問題。

そう!本当に好みの問題なんでしょうね。
日本で、本場ドイツのパンを販売してもやはり売れないのでしょうか?
最近、ドイツパンの情報を載せている雑誌を数誌見かけました。
特集が組まれていたんです。
日本にもだいぶドイツパンが根付いてきていると書かれていましたが、本当のところ、まだまだなのかも。
それにそのドイツパンは本場のものとはやはり違うのかもしれないですね。

ちなみに、うちの近く(とはいっても1時間ほどの距離はありますが)にドイツで修行された方がお店をだされているそう。
きっと粉とかも本場ドイツで焼く粉で作られているのではないかと思っていて、ならば、かなり香りも食感も本場に近いのだろうと勝手に想像してます。
そちら方面に行く機会があったら、ぜひ買ってみたいと思っています。
少しでもドイツの香りを感じたくて(^^*)
Cafe clock
プロフィール

kojiko

  • Author:kojiko
  • 熱しやすくさめやすい私ですが、お菓子作り、パン作りは、ずーっと続いています。そしてきっとこの先もずっと。。。
    愛知県在住です。
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「おやつの時間です。」
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。